家の傾きを直す沈下修正工法ガイド  » 沈下修正工事に強い業者4選 » アップコン

アップコン

全国各地・24時間施工可能なアップコン株式会社は、60分で固まる素材を用いた硬質ウレタン注入工法で、小さな掘削&短時間の工事で傾きを修復できます。一般住宅はもちろん、作業時間が限られる店舗や面積の広い工場など、幅広い建築物の沈下に利用されています。

プッシュアップ工法の1/10の工期を実現

アップコン株式会社は、沈下・段差・傾き・隙間が出来てしまった住宅のベタ基礎や工場などのコンクリート床を、たった1日で水平に戻してくれるスピーディさが人気の施工会社です。

施工方法は、コンクリートの床に小さな穴をあけ、発泡するウレタン樹脂(数種類の中から目的や状況に合わせて最適なものを選べる)を注入して傾いた床を押し上げるもの。樹脂は約60分で最大強度に固まるため、一般住宅ならばその日のうちに全ての工事が完了し、水平な床に戻す事ができるのです。

大型の店舗や倉庫、工場などの広範囲にわたる施工も得意としており、1日で最大900m2まで修正可能!しかも床に小さな穴をあけるだけなので、配置してある大型機材や棚なども動かす必要がありません。

年中無休、土日祝日や夜間でも請け負ってくれるので、お店の営業時間終了後~開店前の短い時間を使って傾きを直せます。年中無休の大型店などにぴったりの工法です。

従来のコンクリート打ち替え(一度床を壊し、新たな基礎を築く)方式で、トラブルの元だったほこり、振動、産業廃棄物はほぼ発生せず、騒音もコンクリートに穴を空けるときのドリル音程度だそう。

CO2排出量も従来工事と比べて90%以上も削減できており、CO2削減に貢献していると川崎市からも認められています。さらに使っているウレタンも、フロン・代替フロンを発生しないので土壌汚染の心配もありません。

とことん環境に優しい沈下修正工事ができるのが、アップコンなのです。

アップコンおすすめ!沈下復旧工法

  • コンクリート床スラブ沈下修正工法「アップコン」(硬質ウレタン注入工法)
    既存のコンクリートに直径16mmの穴を空け、ウレタン樹脂を注入して地盤を圧密強化し、コンクリートを押し上げて元に戻します。

会社概要

アップコンの会社概要について紹介しています。

対応エリア 全国
工事可能日 1年365日、土日祝・夜間もOK
従業員数 40名(2014年4月現在)
事業内容 土木工事業 及び 建築工事業
・コンクリート床スラブ沈下修正工法「アップコン」による施工・施工管理
・コンクリート床スラブ沈下修正工法「アップコン」の技術的研究・開発
住所 【本社】神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 KSP東棟611
【札幌営業所】北海道札幌市中央区北2条西2丁目3-2
【仙台営業所】宮城県仙台市青葉区本町1-5-31 シエロ仙台ビル
【名古屋営業所】愛知県名古屋市中区丸の内3-7-26 ACAビル5階
【大阪営業所】大阪府大阪市中央区東心斎橋 2-8-2 日宝本社ビル
【福岡営業所】福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル2階