家の傾きを直す沈下修正工法ガイド  » 沈下修正工事に強い業者4選 » ウレテック

ウレテック

ウレテックには様々な沈下修正工法があり、地盤や家の状態によって最適なものを選べます。日本初の硬質ウレタン注入(ウレテック工法)を採用した会社でもあり、現在でも同工法が人気です。特殊業務ながらリピーター率も高く、利用者も仕上がりに満足しています。

地盤や家の状態に応じて、様々な方法が選択可能

ウレテックは、家の傾きを直すという特殊な業務にも関わらず、リピーター率が25%以上。決して、再び家が傾いている…というわけではなく、技術やスタッフを気に入った方が複数の物件をお願いしたり、大手ゼネコン等から何度も依頼があるのだとか。

一般住宅にオススメなのは、日本で初めてウレタン注入による傾き修復を行ったウレテック工法(硬質ウレタン注入工法)。平成14年8月から開始されたので、ジャッキアップなどと比較するとまだまだ歴史は浅いですが、一般住宅・工場・倉庫など2,000件以上の工事をしてきているので実績は十分です。

作業のほとんどを床下で行い、期間も1~2日と非常に短く済みます。もし8cm以上など傾きが大きい場合は、ウレテック工法ではなくジャッキアップを用いた工法に変更できるのも魅力

工事前にはヒアリング、レーザーレベル測定、簡易地盤検査、スウェーデン式サウンディング調査等で地盤の状態を診た上で、プロが最適な方法を提案してくれます。どのぐらい傾いているのか、どんな方法が合うのか判断しかねている方にもオススメです。

さらに店舗や工場に嬉しい、24時間365日いつでも対応可能。一般住宅でも、共働きで忙しく大型連休ぐらいしか家に居ない…という方も利用しやすい会社です。

ウレテックおすすめ!沈下復旧工法

  • ウレテック工法(硬質ウレタン注入工法)
    既存のコンクリートに直径16mmの穴を空け、ウレテック樹脂を注入して地盤を圧密強化し、コンクリートを押し上げて元に戻します。
  • 耐圧盤工法
    支持層が比較的上層にある場合に選択可能。地面に穴を空け、支持層にコンクリートと耐圧盤を置き、住宅をジャッキアップします。

その他、対応可能な工法

  • ディープインジェクション工法(グラウト注入工法に近いが、地中に注入する素材はウレテック樹脂)
  • JOG工法(グラウト注入方法)
  • アンダーピニング工法
  • サイドピニング工法(アンダーピニングに類似)
  • プッシュアップ工法

会社概要

ウレテックの会社概要について紹介しています。

対応エリア 全国
工事可能日 1年365日、土日祝・夜間もOK
従業員数 不明
★資格取得者の人数は公開中(平成22年8月時点)
一級土木施工管理 7名
大型自動車免許 7名
フォークリフト 7名
職長 7名
事業内容 ウレテック工法による床沈下修正工事
ウレテック・ディープインジェクション工法による地耐力強化工事
ウレテックVF工法による大規模空隙充填工事
アンダーピニング・サイドピニング工法による住宅の傾き・沈下修正工事
住所 【本社】東京都江戸川区西葛西5-2-3 NEXTAGE西葛西ビル2F
【仙台営業所】 宮城県仙台市泉区泉中央1-17-5
【名古屋営業所】 愛知県一宮市新生1-8-12
【大阪営業所】大阪府大阪市鶴見区浜5-6-41
【福岡営業所】福岡県福岡市中央区大宮2-6-12