家の傾きを直す沈下修正工法ガイド  » 沈下修正工事に強い業者4選 » 横浜グラウト

横浜グラウト

横浜グラウトでは、機械で正確に地中の様子を把握しながら行うハイブリッド工法で、家の傾きを正確に修正。かなりの傾斜角でも同一工法で直せる上、見積もり・地質調査の費用、追加工事等で発生した費用も負担ゼロなので、どんな状態の家でも安心してお任せできます。

独自の特許取得技術で素早く高品質な施工を実現

横浜グラウトは、建物の傾き修正と液状化対策を同時に行うハイブリッド工法で特許を取得している施工会社です。250万円前後と費用が抑えられているにもかかわらず、30cm以上の沈下量が大きい物件にも施工可能!施工後は10年保証と施工内容もサービスもばっちりです。

独自のハイブリッド工法は家の傾きを戻すだけでなく、震度5強クラスの地震にも耐える強度を実現。テレビで巨大地震対策として紹介されたこともあり、今後起こりうる関東・南海地震等の対策としても有効です。

工事前に行う地盤調査や液状化の解析は、なんと無料なので、家が傾いているのか判断しかねている方の調査にもオススメ。後の沈下修正工事を確約するものではないので、地盤調査のみの依頼もOKだそうです。他社との見積もり比較も大歓迎!と、かなり技術と価格に自信がありそうですね。

さらに、排水設備や土間コンクリなどの補修等を含む追加費用も必要なし…と、本当にお財布が大助かりです。

仕上がりの制度は、家の端から端までで±2mmという正確さ。一般的には硬質ウレタン注入やセメント注入などの場合、職人さんの勘を頼りに行う事が多いのだそうですが、こちらはきちんと機械で注入量や圧力を測定しているので、正確な施工を実現できます。

この精度を実現できるのは、日本中の沈下修正会社を見ても横浜グラウトだけなのだそうです。再沈下の可能性も非常に少なく、万が一沈下しても、前回工事で作ったセメント層のお陰で長短期間工事が可能になるなど、まさに安くて早くて安心と言えるでしょう。

他社と比べて残念なのは、休日・深夜対応が出来なさそうな点ですね。

Webサイトには明記がありませんでしたが、従業員の募集要項を見ると「休日:土日他、GW、お盆、年末年始休暇」となっています。施工終了前日・当日は必ず在宅する必要があるので、普段が忙しく長期休みしか時間を確保できない方は、こちらでの依頼は難しそうです。

横浜グラウトおすすめ!沈下復旧工法

  • ハイブリッド工法
    セメント系薬液を3箇所ずつ同時に注入し、バランスをとりながら地盤を強化しつつ、家を持ち上げる。約8日の短期工事で終わり、工事中に別の場所へ移り住む必要も無く、電気ガス水道のインフラ系もそのままで生活できます。修正後10年経過しても地盤は丈夫でクレームゼロを達成中!

会社概要

横浜グラウトの会社概要について紹介しています。

対応エリア 全国
工事可能日 不明
従業員数 不明
事業内容 液状化解析と液状化対策
家屋地盤調査と地盤改良
沈下修正・不同沈下修正・家屋沈下修正(ハイブリッド工法)
土木工事業の設計施工監理
公共工事 ほか
住所 千葉県浦安市富士見3丁目10-17-301