家の傾きは直せる!おすすめの家屋傾斜修正会社 » 家の傾きを直すには » 傾きを直す方法 » 土台上げ工法

土台上げ工法

土台上げ工法とはまさに「土台を上げる」工法です。

建物の基礎部を除いたアンカーボルトを外し、地盤の上層部分のみに手を加える工法になります。

地番沈下とは、いわば地盤という「土台」が下がってしまった状態。その下がってしまった土台を引き上げることで沈下を修正する工事となります。

土台上げ工法の特徴について

土台上げ工法

引用元:株式会社イートン(http://iton.co.jp/cgi-bin/chinkasyusei/index.cgi)

地盤の上層部のみになりますので、他の工事と比べて比較的安価で短期間、さらには工事期間中も引っ越す必要はありません。

また、大きな重機を使う必要性がありませんので振動も少なく、さらには周囲への騒音という点でもメリットです。

一方、あくまでも上層部のみになりますので、例えば地盤そのものが劣化している場合、根本的な解決にはなりません。

地盤そのものには何らダメージがない場合であれば良い工法ですが、洪水や液状鵜化現象のように地盤の奥まで緩んでいることが想定されている場合、残念ながら根本的な解決にはなりません。

そのため、地盤上げ工法を考えているのであれば、家の状態だけではなく、地盤そのものがどのような状態なのかを確認しなければなりません。

元々強い地盤であれば良いのですが、弱い地盤や地盤にダメージがある場合、地盤上げによってさらに地盤そのものに大きな負担を与えることも考えられます。

土台上げ工法の流れについて

土台上げ工法はまずは土台を上げるためにアンカーとなっているボルトを外し、ジャッキを設置したらジャッキアップ。そこで生まれたスペースにモルタル等で補修し終了です。

作業そのものは決して難しいものではありませんので、引越しの必要性もなく、日常生活に支障をきたすことはありません。

但し、あくまでも「表面処理」になりますので、地盤そのものに大きなダメージがある場合、土台上げ工法ではどうすることができないケースも考えられます。

この場合、いくら優秀な施工会社が土台上げ工法を正確に行ったとしても、いずれ地盤は沈下していくことでしょう。

家の傾きイメージ 家の傾きは直せる!
沈下修正に強い会社3選

放っておくと体調不良にもつながる家の傾き。まずは一度無料診断を!
任せて安心の沈下修正会社をピックアップしていますので是非チェックしてください。

詳細はこちら