家の傾きは直せる!おすすめの家屋傾斜修正会社 » 家の傾きを直すには » 傾きを直す方法 » 薬液注入工法

薬液注入工法

薬液注入(グラウト)工法とも呼ばれているように、地面に薬液を投入する沈下修正工事になります。

工事ではありますが、いわば「化学」の力を活用するこちらの工事がどのような工法なのかをご説明しましょう。

薬液注入工法の特徴について

薬液注入工法

引用元:地盤強化センター(http://www.jiban-kyouka.com/chinka/yakuekichuunyuu/)

薬液注入工法とは地盤に注入管を通し、そこに地盤を固くするための薬液を注入する工法です。

注入する薬液はそれぞれのメーカーによって異なるものですが、一般的にはガラス等が主成分となっており、地盤を固めてくれます。

また、薬液をいわば「膨らませる」形にすることで沈下修正工事にも活用されています。

騒音や振動が少なく、工期が短い点や工期の間も居住したままでも良い点がメリットですが、使用する薬液によってはアルカリの影響が出て地面との相性が悪く、上手く馴染まないといった点も懸念されています。

そのため、地盤のチェックには他の工事以上に時間をかけるケースもあります。

他の沈下修正工事はあくまでも「地盤をどうするのか」「地盤に対してどうすべきなのか」といったアプローチにて沈下修正を行いますが、こちらの工法は地盤そのものを何とかしようとするものではなく、地盤に薬液を注入することで「地盤代わり」となるものを新たに生み出します。

地盤の状況そのものには左右されにくい点がメリットです。

薬液注入工法の流れについて

薬液注入工法はボーリング等で薬液を注入するための穴をあけ、注入管を通して液体を注入します。

後は時間の経過を待つことで、薬液が膨らみ・固まることで傾きを直します。

大まかな流れとしてはこれだけですが、どのようにボーリングするのかや、注入管にこだわりと持っているメーカーなど、そこでも様々な形で細分化されています。

開ける穴次第では大掛かりな作業になってしまいますので、まずはどのような地盤なのかをチェックするところから始まります。

地盤の状況次第で、どのような薬液にするのかや、工期等が変わりますので、しっかりと業者に確認しておくことをオススメします。

家の傾きイメージ 家の傾きは直せる!
沈下修正に強い会社3選

放っておくと体調不良にもつながる家の傾き。まずは一度無料診断を!
任せて安心の沈下修正会社をピックアップしていますので是非チェックしてください。

詳細はこちら