家の傾きを直す沈下修正工法ガイド  » 家の傾きを調べる » 【注目】住宅にもセカンドオピニオンを

【注目】住宅にもセカンドオピニオンを

家の傾きがわかったら、多くの方は施工会社・ハウスメーカーへ連絡して対処してもらうと思いますが…そもそも傾いてしまった地盤や基礎を作ったのはその会社なのをお忘れなく!

あなたは欠陥工事をしたその会社に、もう一度お願いする勇気がありますか…?

家が傾いてしまったのは、事前調査の甘さが原因

もしも新築で建てた家が、数年たって傾いてきたことに気がついたら…?

まずは、家を建てた工務店やハウスメーカーに連絡する方がほとんどでしょう。10年以内であれば、これらのトラブルに対する保証が有効となるケースが多いですからね。これで直してもらえば、一安心。保証内のトラブルで良かった…と思っていませんか?

一度よく考えてみてください。

ここで地盤を改良してくれる会社は、家を建てるときにその土地の地盤調査・調整を行った会社に他なりません。

そもそも、そこの会社がしっかりと地盤を調査し、安定した地盤を築いてくれていれば、このようなトラブルは起きなかったはずなんです。

もう一度その会社にお願いする、ということは、再び地盤沈下が起こる可能性は多いにある、ということ。ハウスメーカーや工務店と地盤改良会社は付き合いが長くなるうちに、やりとりが適当になってしまったり、悪行が習慣化している…なんてことはザラなのです。

あの横浜マンション傾斜問題もその一つ

横浜の大型マンションに亀裂が入り、地盤工事に不正が発覚したのは記憶に新しいですよね。マンション建設を行った三井住友建設の2次下請けとして、杭打ちを行った旭化成建材の現場担当者50人以上が不正に手を染めていた事が発覚しています。

その後発覚した別の建物の不正に関しても「電流計の不調や操作ミスでデータが得られず、別の杭データを流用する」という共通の手口が使われており、業者同士の癒着があったことが伺えますね。

このように、長年一緒に仕事をしていると悪しき習慣が生まれ、それが横行してしまうことは少なくありません。今回発覚した以外にも、色々な業者がこういった改ざんをしている可能性は高いです。

では、どうすればしっかりとした地盤かどうか、正確に確かめることができるのでしょうか?

セカンドオピニオンとして、第三者となる業者を選ぶ

そこで、「住宅にもセカンドオピニオンを導入すること」が重要となります。

セカンドオピニオンとは、医師が下した病名診断・治療方針が本当に正しいのか、他の道はないのか別の医師に診断を求めること。住宅・地盤についても、同じことをすべきなのです。

具体的には、家が傾いてきたと思ったら自分で地盤改良会社を探す。インターネットの普及により、様々な会社の情報を入手するのは簡単になりましたからね。

また、別のメーカーで家を建てた経験のある知人(当然地盤沈下で悩まされていない方です)に、地盤改良会社はどこだったのかを聞いてみるのも良いかもしれません。

第三者となる会社に依頼することで、施工時には発覚しなかった(隠されていた)重大な欠陥がわかることがあります。また、そういった欠陥をそのまま放置せず、きちんと対応してくれるので安心して住み続ける事ができるのです。

そういった会社は新規のお客さんをとても大切に扱ってくれますので、結果的にハウスメーカーに依頼するより断然良い仕事をしてくれます。

「沈下修正工事に強い業者4選」の特集ページも用意していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!