家の傾きを直す沈下修正工法ガイド  » 家の傾きの原因 » 地盤沈下・不同沈下

地盤沈下・不同沈下

家が傾いてしまう原因に、地盤沈下があります。近年は地震や水害が多いですから、地盤沈下は他人事ではないんですよ。なぜ地盤沈下が起きてしまうのか?もし傾いてしまったらどうすればよい?など、地盤沈下・不同沈下が起こった際の対処法をお教えします。

そもそも地盤沈下とはどういった状態?

地盤沈下とは、家を建てた地盤が何らかの原因で沈んでしまうこと。主な原因には以下のようなものが挙げられます。

  • 地震で水を含んだ砂質の地盤が揺らされることで、水と砂が分離して水が表面に出てしまい地面が下がる(液状化現象)
  • 元々地層が柔らかく、建物の重みに耐えられなくなる
  • 地下水を汲み上げすぎて砂の間が詰まり、地盤が下がる。
  • その他(天然ガスの汲み上げ、鉱山の坑道掘削など、住宅地にはあまり関係が無いもの)

広い地域で地盤沈下が起こっているケースでは被害は比較的少ないとされていますが、大雨等による浸水被害が起こりやすくなったり、地下水に泥等が混ざり水質が悪化するなどの影響が出ます。

生活に影響が出る「不同沈下」

地盤が均等に沈下せず傾斜がついてしまい、家が傾いてしまう…といった被害が出るのが「不同(不等)沈下」です。

不同沈下が起こる主な原因としては、以下のようなものがあります。

  • 元々の地盤に質のばらつきがある
  • 地盤が弱い&家の荷重が偏っている(片側にしか二階がない、など)
  • 山・丘などを切り崩し、切り土&盛り土をして家を建てた
  • 地盤はなんともないが、家の基礎構造自体が歪んでしまっている

不同沈下が起こると、建物の一部が沈むことで家の重みが一箇所に集中して柱や梁に無理な負荷がかかります。また、ドアや窓の開閉がしづらくなったり、壁やタ イルに亀裂が走る、雨漏り、配管の断裂などが起こります。こういった状態のときに地震が来ると、家屋の倒壊も免れません。

また、家自体だけでなく、傾斜した建物で生活するとバランス感覚が狂って体調が悪化します。
 

傾斜 現れる症状
0.6度(ビー玉が転がる) 吐き気やめまいが生じる人も
1度 頭重感、浮遊感
2~3度 めまい、頭痛、吐き気、食欲不振が重くなる
7度以上 半数以上が睡眠障害を訴える

※新築住宅で0.2度以下、中古住宅で0.34度以下が許容範囲

地盤沈下・不同沈下は家にとって良いことは一つもありません。むしろ、悪影響ばかりですから、「もしかして傾いている?」と思ったら、専門家の検査を受けるようにしましょう。今のところ傾きに不安はない住宅でも、定期的に構造部分を診てもらうと安心です。